プロフィール

プロフィール

私は現在50代、毎年1棟のペースで不動産を売買しながら家賃収入だけで家族と生活しています。
将来の経済的な不安はありません。

ブログを書く理由

私が不動産投資をやると決めたのは38才、実際にスタートしてからその真骨頂に気付いたのは40代に入ってからです。
難病になり2年間入退院を繰り返していた時に、銀行口座の残高がどんどん増える事に気付きました。
フルタイムで働いている時は貯金が増えて当たり前の感覚でしたが、働かなくても貯金がひとりでに増えることが、新たな発見でした。

これが不労所得なんだ‥!と目からウロコが落ち、その後は親切心で周りの友人に勧めてきました。
不労所得の素晴らしさを知ってほしい。
収入源はいくつもあった方がリスクヘッジできる。
他人や行政や置かれた環境に文句を言うだけの生き方はやめて、さっさと不労所得の仕組みを作った方がいい。

全人類が自分の不動産を持てばいいのに、とさえ思っていました。

でも「不動産投資ができる条件が揃ってるから始めた方がいい」と思う人に、話していいのかな?どう思われるかな?と躊躇したり、実際に不動産投資のことを話しておせっかい過ぎだったな、と後悔することがよくありました。

でも、ブログであれば誰に遠慮することもありません。
ここで好きなだけ不動産投資の良さを伝えていこうと思い、始めました。

略歴

20代
大学卒業後広告の仕事へ、その後バックパックで世界中を旅する
30代
Webサイト設計の仕事をしながら結婚・出産・子育て
40代
難病治療と不動産投資を同時並行で行う
50代
夫婦でセミリタイア

不動産投資を始めたきっかけ

おおむね順調な人生を送っていた30代の私に試練がやってきました。

妻のワンオペ育児は当然と考えていた夫と、育休後に復帰した会社での理不尽な待遇の両方に怒り心頭となり、納得いかない会社と夫をいつでも自分から切り離せるようにと、給料に代わる収入を模索して不動産投資にたどり着きました。
その後夫の古い考えは改まり、私は会社を離れ、その当時のストレスの種は消えました。

怒りの元となった会社での評価や給料など、今から思えば笑ってしまうくらいどうでもいいことでしたが、当時の私は勤め人の価値観に支配されていました。
もしも私の会社員生活が順調で、夫が家事育児を率先してできる社会環境だったら、何の怒りも疑問も持たず当然のように定年まで働き続けていたでしょう。

怒り心頭な出来事が不動産投資を始めるきっかけになり、私の人生を変えてくれました。

所有不動産

アパート8棟・戸建1棟・区分1室、合計9棟1室所有。(2021年5月現在)
年間の家賃収入は8桁、そこから生まれる年間キャッシュフローも8桁、ローン返済率は32%です。

近年は、大きく分けて2つの投資スタイルで購入しています。

 投資スタイル1 
横浜を中心とした神奈川エリアで、積算評価が高く、利回り10%前後のファミリー向け中古物件を購入
→ 長期入居で安定運営できること、純資産が増えること、利回りの高さによりCFが確保しやすいことを重視。

 投資スタイル2 
東京23区や横浜の単身需要の強いエリアで、劣化等級のついた新築物件を購入
→ 減価償却による節税、融資期間を長く取れることによるCFの確保を重視。

※ 積算評価:
土地の価格(路線価から算出)と、建物の価格(構造・残存耐用年数・面積から算出)の合計。銀行が融資する際に担保評価を測る参考値となる
※ 利回り:
物件の稼ぐ力を表す。(年間家賃収入÷物件価格)×100で算出
※ 純資産:
現金や不動産評価額などの合計資産から借入などの負債を引いたもの
※ CF(キャッシュフロー):
家賃収入からローンや税金等の経費を差し引いて手元に残るお金
※ 劣化等級:
住宅を長持ちさせるための対策の程度を評価する等級

ソルブログでは

女性に向けて、不動産投資を徹底的に分かりやすく伝え、初心者が一歩を踏み出す後押しをします。
一生の食い扶持は自分で確保する!という男前な女子が増えるといいなと思っています。
私の記事がお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました